時事ネタ TPP問題

ネタコミュ

時事ネタ TPP問題

特に日本が地方に入った方針を表した議論中を進むことができる際にアメリカ議会の部分から
それ上がっている懸念の声についての障害と関係の事前協議を、アメリカのカーク通商代表がすぐにTPP
太平洋縁協力合意の交渉参加のためにしないことを、認知に明らかにしました。

アメリカのカーク通商代表は、30日の間ワシントン市で新聞をこんなに解説しました。
カーク通商代表に関しては、日本は、これですぐにTPPの交渉参加のために関係の国と事前協議に
入る方針を表しました。
がそれの上で懸念状況の声について韓国との貿易協定を解放するFTAとアメリカ議会
(「それは、Uに対してありました。」)の自動車産業の、特に声が、ありました交渉アメリカ合衆国のS.A.側」

ゆっくり、慎重にそれをアセンブリを含む関係する人と協議して、述べました。
理解を深めたくて、それが議論を推進することでの大きい障害でないことを認知に明らかにしました。
注意しなさいと、述べました。「あなたがよく製造工業と農業の両側で市場を開かなければならないと
日本は思いました」
そして、その日本への予想が更なる市場開放中を進むことができることを示しました。
さらにまた、それ自身で交渉新しい国(通商代表がそれにしたスコットランド教会)を増やしている
TPP交渉によって遅れないで、いつかほかの時に来年の終わりまで合意のためにすべての
エネルギーを上げる考えを示されました。