時事ネタ 東日本大震災

ネタコミュ

時事ネタ 東日本大震災

震源地、牡鹿の東部の南東沖130kmの海の底、14の宮城半島として起こった東北地区太平洋沖地震。
3月11日の46:18は、最も大きなスケール(日本(2011)2011での観察で歴史の大きさ(Mw)9.0)を記録します。
南北の焦点地域は、岩手沖からおよそ500kmで、茨城沖、東と西におよそ200km広範囲でした。
この地震によって、最大の進行中の上に向かう高さ40.5mに終わる大津波が、場所に従う波高さ10mより起こって
東北地区と関東地区の太平洋の海岸に殺到していた損害を持ってきました。

そのうえ、それが東北と関東の広大さである限り、損傷が起こりました。
そして、大津波と同様に、転がることと地震、沈下、ダムの裂け目の液化によって別々に
いろいろな生命線は切られました。
270,000が崩壊。政府が16兆のから25兆円でによるテストとして地震災害に起因する損害の量を計算するより
死者、完全な破壊に合うものを見つけられる地震災害に起因するおよそ20,000人の行方不明者
2011年の9月11日現在の建物(2011)の部分的な破壊と、ピークの時間の難民、家庭が上がった停電に関しては
水の中止は400,000より、800万より、1,800,000以上、家庭を供給します。

地震と津波に起因する損害を受けた東京電気福島最初のNuclear Power工場で、すべての電源を失って
原子炉を冷やすことができなくて、大量の放射線学リリース(福島最初のNuclear Power工場事故)で
大原子力事故のために育ちました。
原子力発電による浜辺通りの区域のまわりで、隣接全部の領域の福島住民は、長期の避難所に
このように移動されます。
そのうえ、損害が火力発電所で与えられたので、東北と関東は深刻な電力不足に陥りました